心に残るおくりもの


くまがいです。

バンクーバーオリンピックまであと1ヶ月を切りました。
私も冬季種目に関わっていた者の1人として、今回のオリンピックはいつもとは違う思いがあります。

今シーズンのワールドカップを回ることが出来なかったのは、気持ちの整理をつけるまでに少し時間がかかりましたが・・・

先日、こんなおくりものが届きました。

ドイツから。
遠征前のドイツ合宿で色々お世話になった、Georg(ギオルグ)さんからの手紙です。

ギオルグさんは、去年の11月に私の落選を聞いて、こんなおくりものも送ってくれました。

手紙には、「会えないのは残念だけど、またいつかこの場所においで!」と書いてありました。

一生忘れられないおくりものです。
小包を開けて、涙がポロリ。

お世話になったみなさんに、いつか会いに行けるといいな。

その時は、もらった帽子をかぶって会いに行こうと思います。


About 熊谷史子

特技は、ハードルです!
This entry was posted in 日記 and tagged . Bookmark the permalink.

4 Responses to 心に残るおくりもの

  1. 熊谷史子 says:

    管理人さん

    人生の何よりの宝ですね!
    いろんな人とのかかわりやご縁があって、私は今、ここで、こうやって過ごしているのだと思います。
    管理人さんやギオルグさんに出会えたのもそうです。

    お世話になった方々に会いに行けるように、私も頑張らないといけませんね(^o^)/

  2. 管理人 says:

    出会いは、人生の何よりの宝ですね。
    色々な経験を糧にさらに素敵な熊谷さんになって、そして近い将来、ギオルグさんに再会できますように♪

  3. 熊谷史子 says:

    コレチャさん

    ボブスレーの遠征で、いろんな出会いがありました。
    遠征をまわるメンバーもそうですが、それ以外にもいろんな人とのかかわりを持つ事ができたのは、私にとっていい経験になりました(^^)
    出会いって、大切ですね。

    1年で今が一番寒い時期ですが、練習頑張ります。
    コレチャさんもお体に気をつけて。

  4. コレチャ says:

    出会いって大切ですよね。
    次に会いに行く時は、更に成長した熊谷さんを見てもらえるといいですね!
    寒くて練習大変でしょうが、頑張ってください。