2011年度もよろしくお願い申し上げます


震災から被災地がまだまだ復興せず、
また、原発事故や計画停電などの影響も
依然として大きな問題として残っています。

早急な復興を祈念しますとともに、
我々もできる限りのことをさせていただこうと考えています。

さて、M&K陸上競技部も2011年度のスタートを切ります。
本年は、須田紗織、河原崎可央里の2名での陣容になります。
よろしくお願い申し上げます。

今年はテグの世界選手権が開催され、
来年はいよいよロンドンオリンピックの年ですね。

両名とも、昨年度は不甲斐ない成績に終わってしまいましたが、
心機一転、冬場のトレーニングに励んできました。
今年こそ自己記録を更新し、世界にチャレンジしてほしいと思います。

それぞれの抱負をご紹介します。

★須田紗織
今年で、社会人3年目に突入します。

今回の東日本大震災で、日本は大変な事になっていますが
私は今、自分に出来ることをしようと思います。
それは、一人でも多くの方に見てもらう為に結果を残すことです!!
その為には、日々努力をすること!

具体的な目標は、
1. 自己ベストを更新する事!
2. 毎試合、自分の走りをする事!
3. 11秒5を出す事!
です。頑張ります!

★河原崎可央里

社会人2年目になり、昨年よりも環境になれてきたと思います。
昨年は腰を痛め、不安がある中試合にでたりしていました。
その不安が今年はなくなるよう、しっかりトレーニングをし、
安心して試合に出れるようにしたいです。また、ケガなく
練習をして安定した記録を出していきたいです。
昨年出せなかった自己記録を更新できるように
頑張りたいと思います。

両名とも、今年に賭けています。
なお、須田の初戦は織田記念、河原崎の初戦は
三重県国体予選になる予定です。

今春、M&Kを巣立っていった4名の選手、
堤真由(チームaima)、熊谷史子(北海道ハイテクAC)、
梶川洋平、遠藤幸一郎(newmodeAC)もあわせて
応援下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。


About 幹 渉

M&K陸上競技部部長・監督。 M&Kの社長業に加え、大学2つ(三重大学、山形大学)、そしてM&K陸上競技部監督として、休む間もなく全国(時には海外も)飛び回っています!!
This entry was posted in 日記. Bookmark the permalink.

Comments are closed.