M&K陸上競技部の選手たちに関する雑感


選手たちに対する私の私見・雑感・期待を!

梶川

仲間。一緒にM&K陸上競技部を創っていきたいと思う人材。ウエットでかつカジカワールドを持っている、ある意味異色な存在です。早く17m跳んで杉林・石川両先輩の後釜の地位を確保し、自他共に認める第一人者になってほしいと思っています。とりあえず今年の目標、16m90!

堀江

一言、宇宙人! これは私が昔から言われていた形容詞です。ただし、方向は全く違う!! 皆さんが一見「怖い」と思うらしいけれど…私から見ると、以前から女性らしいなと思っていました。第一印象よりももっと真面目で、陸上競技が好きなんだね。堀江はまだまだ伸びる要素を持っているんだけれど、本人が自覚していないのが問題!150mと600mをもっと走っていると強くなるんだけれど…早く52秒台に突入すれば変わると思います。今年の目標、52秒7!!

熊谷

彼女も女性らしい。ボブスレーをやってから、考え方が広くなったと思います。100mをもっと走ればいい!走力をつけるという「原点」が大切だと思います。今年の目標は100mで11秒7、ハードルで13秒1台を期待しています。

須田

サボりのス~ダ??(笑)。30~50mの強化だけで11秒5はいける。ただし、この部分は筋力強化は必要なんだね。接地時間の短い走りは忘れないこと!!踏みつけていく走りは向いていません。(軽さがモットー!) 200mで23秒台の方が早いかもしれない。 今年こそ、大化けを期待しています。 目標、100m11秒5、200m23秒台突入!

河原崎

環境の変化が少ない状況で、大学~実業団に移行できるのは河原崎にとってはGood!2009シーズンは、加速するまでの姿勢が低すぎ、加速してからの姿勢が高すぎた。100mのレースを本数こなして自分自身のレースパターンを創ることが大切かな? 安定して11秒6台では走れるように! それが目標であり、私の期待するところです。

遠藤

ぬるキャラ」もとい「ゆるキャラ」ではないよね(笑)。 まだまだ未知数だけれど、走りを見ていると伸びる要素は満載!! まだ、ロングスプリントとショートの走り方の区別ができていません。今の走りは200mのもの。400mは、持久力を直線まで持たせる走り方が肝要です。楽に(余力を残して)前半を走れていない。600mと150mのトレーニングを増やした方がいいと思います。 あとは…身体が堅い!ここのあたりの克服を! 今年の目標は、48秒台突入! 全実出場~ベスト更新!!


About 幹 渉

M&K陸上競技部部長・監督。 M&Kの社長業に加え、大学2つ(三重大学、山形大学)、そしてM&K陸上競技部監督として、休む間もなく全国(時には海外も)飛び回っています!!
This entry was posted in 日記 and tagged . Bookmark the permalink.

7 Responses to M&K陸上競技部の選手たちに関する雑感

  1. ありがとうございます

    今年はいきますよーー

    すぐ結果には出てこないとは思いますが、
    去年学んだことをしっかりと体にしみこませて
    秋には数字でだしていきます!!!

  2. 須田紗織 says:

    さぼってなんかいませんよ~!! :lol:
    コツコツとって感じです。

    今年こそっ!と思っています :-P 200より、100のが速くなりたい!!です笑
    課題は加速に乗るのを、速く!!です :lol:

    • 幹 渉 says:

      いやいや…あまりにも楽しそうに走っているように見えるので(笑)。
      コツコツ! 大切です!!!

      200mで23秒台が出たら、須田の場合は11秒5を出せます。

      加速に乗るまでの時間を速くすると、須田の持ち味のストライドが伸びた、
      トップスピードで走れる距離が長くなります!!

      ガンバレ!!!

  3. 熊谷史子 says:

    実業団になって、100mを走る機会が増えて、嬉しく思っています。

    100mも、もっと速く走れるようになりたいです :-D
    100mをハードルにつなげ、ハードルを100mにつながるようなふうにしていければな~、と思っています :roll:

    • 幹 渉 says:

      私は、100mHの選手に要求されるのは、20mまでのスタートダッシュと、第1ハードルに入るタイミングの重要性は当然ですが、110~120mの走力だと思っています。
      走破するのにかかる時間を考えたら、100mより1.5秒程度長いよね。この距離を直線でこなすことが大切です。
      結果的に、絶対100mが早くなります。ガンバレ!!

  4. さすらいの韋駄天 says:

    誰もが個性的な人ばかりですね!ちなみに僕は一年を通して遠征が多いこととちょっぴり孤独なトレーニングをしているので「さすらいの韋駄天」であります。得意の100mなら熊谷、須田、河原崎の各選手のかなり良い練習相手になれることでしょう。
    今年は社長さんのアドバイスにより、忘れてかけていた「ダイナミックな走り」が戻りつつあります。

    • 幹 渉 says:

      韋駄天さん

      いつもコメントありがとうございます。
      相変わらずご多忙のようですが、またまた良いタイムが出たとのこと。
      今年は良いシーズンになりそうですね。
      頑張ってください!!!